日田市では、一つの産業が突出した町ではないものの、人間の営みに欠かすことのできない衣食住の生活必需品が全て作られています。人の暮らしに寄り添い必要なものを作るという純粋なものづくり文化は、小鹿田焼が象徴となす「民芸」の精神に近い独自性を感じます。
近年、地震や水害などの自然災害、そしてコロナ禍など自然や社会に対する人間の在り方を考えさせられることが多くなっています。
自然や地域環境との共生をもう一度見つめ直したとき、その先に見える姿は、まるで日田の暮らしのようです。
循環型資源の活用や自然エネルギー。日田では、古くから行われています。
その歴史の中で培われた日田のものづくり文化は今も継承されています。
これからも歴史文化を守り本物の職人を紹介することで志ある職人の育成と確保を目指しています。

PAGE TOP